メールフォーム又はLINEからのお問合せは、 
   24時間・土日祝問わず、全国対応で受付しております。 
   お気軽にご相談下さい。 

   お気軽にお問い合わせください。
080-3039-5609

   受付時間:9:00~20:00 定休日なし(土日祝対応可) 

配偶者ビザ申請で年齢差が大きい場合

夫婦の年齢差が大きい場合について

日本国内では一回りも二回りも年齢差が離れている結婚も珍しくありません。

年齢差が大きくても結婚後二人で同居して正真正銘の夫婦として暮らしてる場合が殆どです。

しかし国際結婚となると話が別です。

夫婦の年齢差が大きく離れている場合、不法滞在が目的で偽装結婚をしているのではないかと入国管理局側から強い嫌疑をかけられます。

実際のところ年齢差の大きい国際結婚の夫婦の場合で、配偶者ビザ取得後に同居の実態がなくなることは多いです。

そのようなことから、入国管理局側は年齢差が大きい申請には常に目を光らせており、その分配偶者ビザの審査が厳しくなって許可取得の難易度は上がります。

具体的には、年齢が15歳以上離れていると注意です。

25歳以上離れている場合、もっと配偶者ビザの取得は難しくなるでしょう。


夫婦の年齢差が大きい場合、あらかじめ最善の対応策を準備してから申請を行うべきです。

こちらからは夫婦の年齢差が大きい場合の対応方法についてご紹介します。

 

年齢差が大きい場合の対応方法

年齢差が大きい夫婦が配偶者ビザを申請する場合、偽装結婚による不法滞在が目的ではなく、正当な婚姻関係にある二人であることを申請者側の立証責任の下、しっかりと証明できなければなりません。

そのためには以下の4つのポイントを押さえておく必要があります。
 

二人がどのように出会ったか詳しく説明する

どのようないきさつで二人が出会ったかということをしっかりと説明することは正当な婚姻関係であることの信憑性を高める上で大変重要です。

違和感無く詳細に出会い方を伝えることで偽装結婚であることを払拭しなければなりません。

「友人の紹介」であれば、どのような繋がりの友人の紹介なのか、その友人とはいつからどこで知り合った者なのか。

「仕事先や飲食店などで出会った」場合であれば、いつどこで出会い、なぜそこから連絡先を交換するようになったのか、どういったやり取りや気持ちの変化が当時あったのか。

「SNSや出会い系サイト」の場合、どのようなSNSやサイトでありそのウェブ等の説明、実際の2人の連絡先交換に至ったやり取り、当時の気持ちの変化など。

配偶者ビザ申請時には2人が出会った経緯から交際に至るまで、そして交際から結婚に至るまでを時系列でわかり易く詳細に書面で説明しなければなりません。

より真実味を伝えられる文章を書くようにして入国管理局へ正真正銘の夫婦関係であることを立証していきます。

 

②互いに言語コミュニケーションが取れていることを説明する

国際結婚の場合、言葉の壁があります。

外国人配偶者の方が日本語を全く理解できない、または日本人配偶者の方も外国人配偶者の方の言葉を全く理解できない状況では、偽装結婚の嫌疑がかけられても仕方がありません。

現代で翻訳ツールは整って来ているもののまだまだ翻訳機を介しての会話だけで結婚に至ったことを証明するには無理があります。

普段の2人の会話は、日本語でコミュニケーションを取っているのか、それとも外国人の方の母国語でコミュニケーションを取っているのかを入国管理局側へ伝えます。

どのようなことがきっかけでその言語に関心を持ち、どういった経緯でどの程度まで習得できているのか具体的に説明します。

それによって配偶者ビザの審査においてしっかりとコミュニケーションが取れている正当な夫婦関係であることの信憑性を高めるようにします。

 

③二人の交際の裏付け資料を提出する

・メールやLINE等のやり取り

・国際通話の履歴

・交際中のデート先での写真

・ご両親、友人との写真

交際期間中お互いが連絡を取っておらず年齢差も大きいということになると偽装結婚を疑われても仕方がありません。

通常のカップルであれば、メールやLINE、ツーショット写真などはあるはずです。

メールやLINE等のやり取り(スクショコピーで用意)、通話記録、交際中のデート先での写真、ご両親・友人との写真などをできるだけ沢山裏付けになる資料を時系列ごとに用意し、正当な結婚関係であることの真実味を高めましょう。

入国管理局へ申請し配偶者ビザの許可を取得する上でプライバシーはないと思って頂いた方が良いと思われます。

 

お互いのご両親へ挨拶をする

国際結婚でもご両親への挨拶を行っているかどうかは結婚の信憑性を高める上で非常に重要です。

年齢差があったとしてもなるべくご挨拶に行き、写真などを撮るようにしましょう。

いつどのような形でご挨拶をしたのか写真と合わせて時系列で説明して提出します。

 

ビザ申請のお悩みは
LEAP行政書士オフィスへご相談下さい

代表行政書士 白山大吾

ビザ申請にあたっては、事前に入国管理局側の審査のポイントを押さえておくことが大切です。

まずは専門性の高い行政書士に相談されることをお勧めします。

当オフィスも初回無料相談にてお客さま一人一人のご状況やご不安を丁寧に伺って、最善の方法でビザ取得できるようサポートしております。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

全国オンライン対応で受付しております。

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

営業時間
9:00~20:00
定休日
なし(土日祝の対応可)

お電話でのお問合せはこちら

080-3039-5609

メールフォーム又はLINEからのお問合せは、24時間土日祝問わず、全国対応で受付しております。

お気軽にご相談下さい。

お気軽にお問合せください

お問合せ・無料相談はこちら

080-3039-5609

<営業時間>
9:00~20:00
定休日:なし(土日祝の対応可)
メールフォーム又はLINEからのお問合せは、24時間土日祝問わず、全国対応で受付しております。
お気軽にご相談下さい。

配偶者ビザ

就労ビザ

LEAP行政書士オフィス

住所

〒564-0012
大阪府吹田市南正雀2-37-15

営業時間

10:00~17:00